アレルギー科

スタッフ募集

スタッフ募集

整形外科・リハビリテーション科

耳鼻咽喉科

内科

アレルギー科(花粉・ぜんそく)

予防接種・ワクチン


QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

◆アレルギー科

アレルギー科では、主にアレルギー性鼻炎(花粉症)、口腔咽頭アレルギー、気管支喘息、皮膚掻痒症などのアレルギー疾患の診断と治療を行っています。


当院では、お子様方からお年寄りまで一人一人の体質や生活環境を考慮しながら、症状に応じたきめ細やかな治療を行います。

◆アレルギー性鼻炎(花粉症)

アレルギー性鼻炎には、原因物質によって通年性アレルギー性鼻炎と季節性のアレルギー性鼻炎にわけられます。 通年性アレルギー性鼻炎は、ハウスダスト・ダニ・ペットの毛のように原因となる物質が一年中存在し、症状も一年中続きます。


季節性のアレルギー性鼻炎は、花粉症とも呼び、春先からの植物の花粉が原因でアレルギー症状を起こし、花粉が飛ばない時期になると症状は治まります。


治療としては、抗アレルギー剤と抗ヒスタミン剤を主体とした内服薬と症状により点眼薬や点鼻薬を併用します。抗ヒスタミンは、副作用として眠くなることが多くありましたが、最近ではあまり眠くならない薬も出てきています。


毎年、花粉症の症状にお悩みの方、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの症状がございましたら、お気軽にご相談ください。


※薬の服用は、花粉が飛び始める前から初期治療を始める方が、症状の悪化を抑制すると言われています。 花粉症治療をご希望の方は、早めにご来院ください。

気管支喘息(きかんしぜんそく)

気管支喘息は、炎症によって気道が狭くなるために、咳が出たり呼吸をするたびにヒューヒューやゼイゼイいう音が聞こえ呼吸が苦しくなる病気です。常に症状があるわけではなく、時間帯や体調、ストレスなどで強い発作が出たりします。


成人してからの喘息発症も増加しています。


当院では症状が重い場合は、胸部のX線やCTなどの精密な検査を行い、閉塞性気管支炎、アレルギー性肺炎など良く似た症状の病気との鑑別を行うことが可能です。